きになるたのしいおもしろい

ぽんこつアラサーの「気になる!」「楽しい!」「面白い!」のつめあわせブログ

「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」がイマイチすぎる

youtu.be

 

ケーブルテレビでやっていたので観ました。タイトルにしちゃったけどイマイチすぎます。キャストは豪華なのにどうしてこうなったの気持ちでいっぱいなmameuです。こんにちは。

 

今回の映画の感想もネタバレしまくります。ご注意ください。

 

 

ジョニー・デップの時代の終わりを感じてしまう

 

f:id:mameu_mameu:20160802120511j:plain

 

主役のチャーリー・モルデカイを演じるジョニー・デップ。大好きでした。とにかく、しゃべりかたからしてもうすでにすべってるし、くどくて途中で映画観るのやめようかと思ったレベル。どうしたのジョニデ!!と小一時間問い詰めたくなるくらいでした。

 

ジョニデファンの方は観ないほうが賢明だと思います。なぜならちょっと「ジョニデさんの時代は終わったのかな?」って気分になってしまうので。一生懸命ファニーにしようとしているところも時代錯誤だし、そこまですべれるのねっていうくらいだだすべり。なんならちょっと悲しくなります。

 

ポール・ベタニーさんが全部もってく

 

f:id:mameu_mameu:20160802121014j:plain

 

この映画の中でおいしいところを全部もってってるのは、間違いなくポール・ベタニー演じるジョックです。絶倫でセックス中毒だけど、主人に対する忠義がハンパじゃない。主人に撃たれても、「大丈夫です」って言えちゃうくらい。そんなバカな。

 

そしてそのハンパない忠義から、主人であるチャーリーのどうでもいい質問にも全部律儀に答えます。えらい……えらいよジョック。1回だけぶちギレるシーンがあるんですが、そこが大好きです。そりゃキレるわ。

 

ジョックはいわば脇役なハズなのに、おいしいところや笑えるポイントはすべてジョック経由。主役どうしたんだ!って感じになります。ジョックが主役なら続編あってもいいかもしれない。

 

ユアンさんは存在感がうすめ

 

f:id:mameu_mameu:20160802121508j:plain

 

役柄的に仕方がなかったのかは知らないけど、ユアン・マクレガーさんは存在感うすめ。せっかくのイケメンなのに、無念です。

 

報われなさすぎる感じと、部下とのやりとりは面白いものの、どちらかと言えばチャーリーの妻役であるグウィネスさんにとられちゃってる感じもあるし……。でも残念な役柄だし、残念すぎていいのかもしれません。

 

 

ストーリー展開もなんじゃこりゃだったし、本当に観て後悔しました。大好きだったジョニー・デップはもういないのか……。プライベートでもいろいろあるみたいですが、頑張ってほしいです。カムバック、ジョニデ!!

 

以上です。